40代の男性が持っていると転職時に「武器」となる資格とは


40代の男性が転職しようとした時、何より武器になるのが「資格」でしょう。これがあるのと無いのでは職探しの幅にも大きな違いがでてきますし、何かと有利ですから。持っておいて絶対に損はありません。

今、現在、そんなものは持ってない…。けど転職したい…という40代の男性もいるでしょう。そうした人はたちまち仕事は続けながら、資格を取得してはいかがでしょう。焦って仕事を辞めなくても、しっかり準備してしてからでも良いと思いますよ。

では転職に役立つ資格にはどんなものがあるのか?ぜひ、40代の男性も参考にしてみて下さい。例えば…日商簿記検定、公認会計士、ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士、中小企業診断士、キャリアカウンセラー、調理師、栄養士、管理栄養士、行政書士、危険物取扱者などなど様々。何か自分のやりたい仕事に繋がるものがあれば、こうしたものを取得すると良いのではないでしょうか。

この他にもまたまだありますので、転職を検討している40代の男性は要チェックです。建築、住宅関連で役に立つものであれば…電気主任技術者、電気工事士、1級建築士、2級建築士、建築施工管理技士、マンション管理士、消防設備士、不動産鑑定士など。IT関連で役立つものは…基本情報技術者、応用情報技術者、XMLマスター、MCP、CCNPなどなど。医療、福祉関連で役立つものであれば…社会福祉士、介護福祉士、薬剤師、ケアマネジャー、理学療法士、保育士、医療事務、診療情報管理士、臨床検査技師などがあります。こうした資格を取得してから会社を辞め、次なるステージで進んでもいいと思いますよ。

もしも今現在、転職なんて考えてない、という40代の男性もいるかもしれませんが、今のうちから何かしらの資格を取っておいた方がいいと思います。今後、その会社が急に倒産することだってあるかもしれませんし、この先パワハラや減給などで辞めたくなるかもしれませんから。備えあれば憂いなし!ですよ。