年々増え続ける40代からの正社員の転職の窓口

少し前なら男性で40代ともなると転職はなかなか難しい、正社員ならなおさら厳しい、そんな時代でした。でも、今は変わってきており、年代関係なく再就職される人は増えてます。

それだけ企業側も40代であろうが何歳であろうが、転職したい人たちを正社員で雇用するところが増えているということですよね。では、なぜこうした世代の男性を会社としては雇うのか?様々な理由が考えられますが、やはり若い子よりも、こうした年代の方が経験や知識も豊富で、即戦力になるという点ではないでしょうか。新卒の新入社員には仕事のことを教えるだけではなく、社会人としてマナーや知識なども指導しなければなりません。でも転職を考えている40代の男性を正社員で雇えば、そうしたことは必要ありません。むしろ、これまでの経験を活かして仕事の効率や売上アップも望める訳ですから。

このコラムを書いている私も以前、勤めていた会社で、20代の新人を何人か雇ったことがあります。しかし全員、長続きしませんでした。すぐに仕事がキツイとか、平気で遅刻してきたりとか、注意しただけで逆ギレしたりとか…。一番ひどかったのは仕事がキツいと社員の両親が会社に怒鳴り込んで来たことも…。もちろん、若い子たちが皆んな、そんな子ばかりだとは言いません。ただ、そうした傾向が見られる子は多いのかなと。そこで転職希望の40代の男性を数名、正社員として雇用したんです。若手が皆、辞めていったので。すると彼らはやはり経験も長いだけあって、礼儀や作法はもちろんしっかりしていますし、仕事も要領よく覚えましたし、すぐに戦力として活躍。何より根性がありましたね。過去の職場で相当、煮え湯を飲まされてきたのか少々のことではへこたれませんでしたから。まあ、中には社会人経験が長いがゆえに、頭が凝り固まっていて、考え方を曲げない難しい人もいましたけどね…。

なので40代で転職して正社員になろうと考えている男性は考え方、頭を柔軟にする必要があるかもしれませんね。