転職したいと願う40代の男性が行先の職種

「俺は転職する!」という男性にとって一大決心をした人には2つのタイプがいるでしょう。次の職場や職種は決まってないけど、とりあえず今の会社を辞めて、次が決まるまではバイトでもする…というタイプ。一方、次の就職先が決まってから辞表を出す、という堅実なタイプ。きっと40代以上の人なら圧倒的に後者が多いはず。

確かに若くて独身の頃でしたら前者のようなことも出来るかもしれません。しかし、40代の男性、特に既婚者であれば転職する際、次の就職先も職種も何も決まってない状況で今の会社を辞めるのは、あまりにもリスキーで出来ませんよね。ちゃんと次の仕事が決まってから退社したいものです。
では、40代の男性が転職をする場合、次の仕事はどんな職業に就くのか?まあ、これは自分に向いてると思う職種を選ぶのが一番ですよね。とは言え、あまりにも理想、夢が大き過ぎて現実が見えなくなるのも、どうかなと…。例えばミュージシャンとしてデビューしたい!プロ野球選手になりたい!政治家になって日本を変える!といった夢は現実的ではないですよね…。もちろん、その気持ちは大事です。でも、もっとリアルな職を探しましょう。

では、40代以上の男性が転職しようと考えた場合、どういったジャンルに再就職すればいいのか?やはり多いのは今の仕事に近い、関連のある職種を選ぶこと。これまでの知識、経験が活かせる訳ですから、自分にも雇う側にもメリットになります。でも、中には今の業務が嫌だから仕事を変えたい!という方もいるはず。そうした人たちは全然、関係のない職場を選ばないといけません。それはある意味、茨の道でもあります。新たな職場で、一から全て学び、習得していかなければならないのですから。強い意志を持って挑まなければならないでしょうね。

やはり、ある程度の妥協も必要となってくるのかもしれませんね。職種を選り好みなんてしてられないのかも…。このように40代以上の男性にとって転職というのは大変なことなのです。