40代以上の男なら転職をする前に自問自答するべき「本当に自分が得するか」どうか

40代が転職する前に考える部屋画像
40代を過ぎて転職を思い浮かべる男の理由は本当にさまざま…。

単に衝動的に辞めたい!

もうこの年になるまで頑張ってきたのに社内でキャリアアップが図れない…。行く先が見えてくる…。

もっと楽したい。もっと給料がほしい。責任と同時に給与も増えたが自由がいまだにない・・・。転職したいと考えるときの理由なんてなんだっていい。

その会社にいることで自分がこれ以上幸せにならないと判断したのならさっさと次の行く先を探して(緻密に準備して必ず次を決めてから)辞めてしまえばいい。・・・なんて血気盛んで向こう見ずの鉄砲玉のような行動でも勢いでなんとかなっていた若かりし頃のように転職自体がうまくいかないのも実状だ。

そのときにもう一度今の自分の現状を広い視野で見据えて、考えたいことがある。

それは、今の会社を辞めて

自分が得するかどうかなのだ!

満足できない現状から逃げたいばかりで、やめてしまったはいいが残された現実は厳しいものになった人を多く見てきた。
ここでいう「自分が得するかどうか」がやっぱり一番大事なことではないだろうか。

辞めたくて辞めたところで、以前いた会社に残っていた時よりも自分の状況が悪くなってしまうなら転職するの意味がない。40代の男ともなればここに気を付けたい早とちりやとらぬ狸の皮算用で自分の人生を台無しにはしないほうがいい。

いろいろな理論があるが、ここサイトの冒頭でも述べたように転職で成功する人には仕事以外に没頭するものを持っている人が多いのと同じで、“まずは自分優先で楽しめるのかどうか”が成功への近道である。すべてを我慢しながら転職先を選んだところで長続きなんてしやしない。

絵を描いたり、休日のたびに山登りしたり、好きな車でドライブしたり。インドア派ならば音楽鑑賞の時間、友人とともにバンドをしているなど。本気で釣りに勤しむ男の集いなんてのもある。

なんでもいい。結局のところ自分の好きなことに没頭できる時間を仕事以外にもてる転職先ということになるかもしれない。