40代未経験でもネガティブになる必要なし収入アップが望める仕事

今の仕事を辞めたい…きっと働く男性(特に40代以上)なら一度は頭をよぎったことがあるのではないでしょうか。でも、いざ転職するとなると、どんな職にしようか迷いますよね。それも今まで自分がしたのとのない未経験の職場なら、なおさらです。

でも、そんなことを考えていたら、いつまでたっても転職なんて出来ません。「40代だから…」とか「この仕事に興味あるけど未経験だしなぁ…」なんてネガティブな考えは捨ててしまいましょう!何事もポジティブに、やる気に満ち溢れた男性の方が会社側からしても採用したくなりますから。

もちろん40代の男性で転職となると何かと慎重にもなりますよね。そうすると全く携わったことのない、未経験な仕事を1から始めるというのはかなりキツイから、どうしても今勤めている会社の内容に近い職を探してしまいます。確かにその方がすぐに仕事にも慣れますし、自分の力も発揮できるでしょうし、雇う側からしても即戦力になるだろうと採用率もアップする、というメリットはありますよね。

今の職に元々、就きたくて働いてる、という人それでも良いでしょう。でも中には本当にやりたいことに反して妥協に妥協を重ねて今のシゴトをしている…という40代の男性もいるはず。そんな人は思い切って異業種だろうが、未経験だろうが、自分のやりたい仕事、憧れの職場へ転職してもいいのではないでしょうか。例えば今、サラリーマンをしているけど、本当に好きなのは車なのでディーラーや工場など何かしら車に関係する会社へ行くとか。運転が好きならドライバー、ファッション好きならアパレル系、釣りが趣味なら釣り道具屋や釣り情報サイトの編集部。ゲームやネットが好きならIT関係などなど。自分の好きなことを仕事にできたら言うことないですよね。そこに給料アップも反映されれば更に◎。

まあ、未経験でも自分のやりたいことを突き詰めるのがいいのか、今の職を活かした会社に転職するのがいいのか…決断するのは、そう40代男性の貴方ですが、最初から悲観的になる必要は何もありません。
40代以上の未経験男性が転職して成功できる仕事はこのご時世たくさんあります。

転職したいと願う40代の男性が行先の職種

「俺は転職する!」という男性にとって一大決心をした人には2つのタイプがいるでしょう。次の職場や職種は決まってないけど、とりあえず今の会社を辞めて、次が決まるまではバイトでもする…というタイプ。一方、次の就職先が決まってから辞表を出す、という堅実なタイプ。きっと40代以上の人なら圧倒的に後者が多いはず。

確かに若くて独身の頃でしたら前者のようなことも出来るかもしれません。しかし、40代の男性、特に既婚者であれば転職する際、次の就職先も職種も何も決まってない状況で今の会社を辞めるのは、あまりにもリスキーで出来ませんよね。ちゃんと次の仕事が決まってから退社したいものです。
では、40代の男性が転職をする場合、次の仕事はどんな職業に就くのか?まあ、これは自分に向いてると思う職種を選ぶのが一番ですよね。とは言え、あまりにも理想、夢が大き過ぎて現実が見えなくなるのも、どうかなと…。例えばミュージシャンとしてデビューしたい!プロ野球選手になりたい!政治家になって日本を変える!といった夢は現実的ではないですよね…。もちろん、その気持ちは大事です。でも、もっとリアルな職を探しましょう。

では、40代以上の男性が転職しようと考えた場合、どういったジャンルに再就職すればいいのか?やはり多いのは今の仕事に近い、関連のある職種を選ぶこと。これまでの知識、経験が活かせる訳ですから、自分にも雇う側にもメリットになります。でも、中には今の業務が嫌だから仕事を変えたい!という方もいるはず。そうした人たちは全然、関係のない職場を選ばないといけません。それはある意味、茨の道でもあります。新たな職場で、一から全て学び、習得していかなければならないのですから。強い意志を持って挑まなければならないでしょうね。

やはり、ある程度の妥協も必要となってくるのかもしれませんね。職種を選り好みなんてしてられないのかも…。このように40代以上の男性にとって転職というのは大変なことなのです。

年々増え続ける40代からの正社員の転職の窓口

少し前なら男性で40代ともなると転職はなかなか難しい、正社員ならなおさら厳しい、そんな時代でした。でも、今は変わってきており、年代関係なく再就職される人は増えてます。

それだけ企業側も40代であろうが何歳であろうが、転職したい人たちを正社員で雇用するところが増えているということですよね。では、なぜこうした世代の男性を会社としては雇うのか?様々な理由が考えられますが、やはり若い子よりも、こうした年代の方が経験や知識も豊富で、即戦力になるという点ではないでしょうか。新卒の新入社員には仕事のことを教えるだけではなく、社会人としてマナーや知識なども指導しなければなりません。でも転職を考えている40代の男性を正社員で雇えば、そうしたことは必要ありません。むしろ、これまでの経験を活かして仕事の効率や売上アップも望める訳ですから。

このコラムを書いている私も以前、勤めていた会社で、20代の新人を何人か雇ったことがあります。しかし全員、長続きしませんでした。すぐに仕事がキツイとか、平気で遅刻してきたりとか、注意しただけで逆ギレしたりとか…。一番ひどかったのは仕事がキツいと社員の両親が会社に怒鳴り込んで来たことも…。もちろん、若い子たちが皆んな、そんな子ばかりだとは言いません。ただ、そうした傾向が見られる子は多いのかなと。そこで転職希望の40代の男性を数名、正社員として雇用したんです。若手が皆、辞めていったので。すると彼らはやはり経験も長いだけあって、礼儀や作法はもちろんしっかりしていますし、仕事も要領よく覚えましたし、すぐに戦力として活躍。何より根性がありましたね。過去の職場で相当、煮え湯を飲まされてきたのか少々のことではへこたれませんでしたから。まあ、中には社会人経験が長いがゆえに、頭が凝り固まっていて、考え方を曲げない難しい人もいましたけどね…。

なので40代で転職して正社員になろうと考えている男性は考え方、頭を柔軟にする必要があるかもしれませんね。